看護師は職場の不満だけで転職するわけじゃない

看護師としていろんな分野で働きたいので転職を

病棟勤務だけでなく他の職場も経験したかった

結婚を機に退職し、現在は看護師の仕事を休んでいます。30代の女性です。私はこれまで、何度か転職を経験しています。長いところで7年、短いところで1年勤務しました。具体的にいうと、総合病院3年、療養型病院1年、血液センター7年、訪問看護1年です。転職を繰り返してきた理由は、看護師としていろいろな分野で働いてみたいという思いがあったからです。

ネットの看護師転職サイトを利用

転職するときは、親しい友人などには話しましたが、相談というよりは自分の気持ちや考えを伝えたという感じでした。転職先は基本的に自分で探します。インターネットから検索し、自分の行きたい分野と一致する募集があったサイトを利用しました。過去面接を受けた方たちの情報から、面接で聞かれそうなところ等のアドバイスや、実際就職した方たちが現在どのような感想をおっしゃっているか等を詳しく教えていただけました。また面接時は同行してくださるので緊張感の軽減にもなりました。

転職することで臨機応変さが身についた

一つの場所で長く働くことも大切なことですが、いろいろな場所で働くことにより視野が広がったこと、また人間関係も広がったことから良い社会勉強にもなりました。看護師の働く場所は病院だけではありません。また相手は患者様だけではなく、とき健康な人を相手にすることもあります。いろんな場面で臨機応変に対処する方法を学べたような気がします。

失敗を恐れず転職してみては

私は、個人的には転職はしてみた方が良いと思います。もし転職して失敗してしまったとしても、看護師の資格がある限りやり直しはできます。失敗を恐れて踏みとどまるよりも、まずはやってみるという気持ちが大事です。実際私も転職してみて、思っていたのと違うなと感じる点もありました。しかし失敗することで学べたことも沢山あります。自分の理想と100%一致する職場を見つけるのは至難のわざです。それよりも、問題や不満のある中で頑張れた自分というのは成長できたという証しになるのではないでしょうか。転職しようと思ったそのときがチャンスなのではないかと思います。